セルビアからの留学生アンジェラ 帰国

2017年12月12日

    2016年5月に来日し、これまで吹奏楽団の一員として活躍(担当はホルン)してくれたアンジェラ・チョソが明日、母国セルビアへ帰国致します。今日は職員朝礼に挨拶に来てくれました。

    アンジェラはセルビアの首都ベオグラード出身。セルビアの高校では写真やデザインを専門的に学んでおり、子供の頃から日本のアニメに触発されて、日本留学を目指しておりました。また語学堪能で、セルビア語や英語に加えて日本語もみるみる内に習得していきました。この冬には日本語能力試験N2を受験しております(合否発表は来年2月)。
    今回、セルビアの高校卒業資格取得のためにいったん帰国したのち、2019年に日本に再来日し、服飾デザインの専門学校に入学することを希望しております。

 

    最後の挨拶では、「この学校では、生徒と先生方の関係が素晴らしい。セルビアでは先生たちは皆いつも怖い顔をしているけど、ここでは生徒が困っていたり問題を抱えていると、夜遅くになっても優しく寄り添っている姿を目にします」。

    たった一年半ほどの留学期間ではありましたが、見事なスピーチで我々教職員を驚かせました。セルビアの高校を卒業したら再び日本へ留学したいという希望を持っているアンジェラ。吹奏楽団でも大いに活躍してくれました。2019年、また元気に姿で学校に顔を見せに来てください‼️


今昔, 教育に戻る
このページの先頭へ