卒業生による内定報告

2017年04月26日

 昨日の高等学校職員朝礼では、本校を卒業し現在は日本航空大学校に在籍している14名の学生たちが各々内定の報告に来てくれました。大手設計企業大手建設機械メーカー、そして国内航空会社など、皆それぞれが自分の所属学科と志望に合った内定先を得ておりまして、やや緊張しつつも晴れ晴れとした表情で語ってくれました。


 今回高校職員室に来てくれたのは、2年生課程の航空整備技術科、航空ビジネス科、そして4年生課程の航空工学科の学生たちです。まだ19歳の学生からもうすぐ22歳になる学生も含まれており、私たちからしてみると懐かしい面々もおりました。みな一様に高校時代にお世話になった担任やクラブ顧問に感謝の言葉を表し、なかには「その節は大変ご迷惑をお掛けしました・・・」などと恥ずかし気に話をする学生もいて、職員室は暖かい笑いに包まれました。
 大人になった卒業生が社会に巣立ち活躍していくこと、我々教職員にとってはこの上ない喜びです。そんな立派な社会人予備軍がすぐ身近にいて共に学園生活を送っていることは、きっと高校生たちにとっても大変良い刺激となり好影響を与えているのではないでしょうか。


教育, 日記に戻る
このページの先頭へ