「千枚田」田植えボランティア

2017年05月14日

 本日は、毎年この時期の恒例となっている輪島市千枚田、田植えボランティアに高校生希望者65名が参加致しました。
 丘陵を利用して細かく作られた、文字通り千枚にも及ぶほどの稲田が海辺に沿って広がっております。輪島市随一の観光名所です。


 3年生にもなると慣れたものです・・・


 能登は2011年、新潟県の佐渡と同時に日本では初めての”世界農業遺産”に登録されました。最近では見られなくなった棚田やため池で形成される里山の景観と、海女(あま)漁や揚げ浜式製塩など里海の資源を活用した伝統技術が、今でもここ能登半島では豊かに受け継がれておりまして、そんな里山里海文化が評価されたものです。
 各地方からこの地にやって来た生徒たちは、能登の自然・文化を継承する大事な担い手にもなり、またそんな景観や食文化を楽しんでくれていますね。
 


教育, 日記に戻る
このページの先頭へ