野球部 石川県庁・輪島市役所表敬訪問

2017年08月01日

 7/29(土)に優勝を決めた野球部選手団は、本日午後に石川県庁にて谷本県知事、輪島市役所にて梶市長を表敬訪問致しました。

 先に訪問した石川県庁では特にテレビ局、新聞各社の取材も多く、やはり甲子園は大変に注目されていることが分かります。谷本県知事からは、「もう直ぐに開幕となるのでコンディションを第一に考え頑張りなさい」と激励を受けました。


 夕方訪問した輪島市役所ではたくさんの職員の方が会場に集まって下さり、市長からの激励と中村監督による大会経過報告、三桝主将の決意表明がありました。三桝主将は、「輪島市の代表として、応援してくれる皆様の期待に応えます!」と力強く述べてくれました。


 激励会後には、輪島出身の佐渡投手が小学生時代に在籍していた”鳳至クラブ”の子供たちが、メッセージを書き込んだ色紙やジュースの差し入れをプレゼントしてくれ、航空球児たちにとっても大いに励みになったことでしょう。地元輪島の小学生球児にとって、佐渡投手は今や憧れの存在と言えるようです。

 さあ、いよいよ明日の9時、選手18名と練習補助部員14名は大阪の宿舎に向けて学校を出発致します。コンディションに気を付け、精一杯に闘ってきてもらいましょう!!


教育, 日記に戻る
このページの先頭へ