野球部 能登空港への甲子園報告会

2017年08月31日

 本日は甲子園に出場した野球部メンバー18名、石川部長・中村監督と共に能登空港へ応援のお礼挨拶に伺いました。
 「♪ 能登空港に青春の、血潮は燃える~♫」
 日本に数多ある高等学校の中で、本校は間違いなく”空港に一番近い高校”ではないかと思います。ここまで空港に隣接している学校は他にないことは勿論、校歌のなかで空港名が堂々と歌われることも非常に珍しいのではないでしょうか。
 そんなご縁もあり、空港に勤務をされている能登空港ターミナルビル㈱、ANA、或いは石川県や輪島市職員の方々など、たくさんの皆さまより甲子園出場に際しましてご支援とご声援を頂きまして、本日はそのお礼に出向いた次第です。



 空港2階出発ロビーで行ったこともありまして、空港で勤務をされる職員のほか羽田便を利用される旅行客の方々も集まって下さいまして、選手たちは嬉しかったことと思います。監督から一回戦大逆転劇の話がされると、「ああ、あの学校なのね」と納得顔の方もおりまして、甲子園の社会的認知度の高さを改めて知る機会にもなりました。

 


教育, 日記に戻る
このページの先頭へ