ベトナム独立記念日

2017年09月04日

 本日は生徒朝礼におきましてベトナムの国旗掲揚を行いました。
 19世紀からベトナムは仏領インドシナとしてフランスの植民地でありましたが、太平洋戦争中には日本の統治下に入りました。そして1945年9月2日、当時の日本政府がポツダム宣言による降伏文書に調印したこの日に、建国の父ホー・チ・ミンにより正式にベトナム民主共和国の独立宣言が発表されたものです。2日は土曜日でしたので、本日、全校生徒の前で掲揚を行いました。

 現在本校には、3年生にレー・タン・フォン(男)、1年生にファム・ザー・ニュー(女)が在籍しており、二人とも書道部の一員として活躍しております。私からベトナムについて紹介をした後、ベトナム留学生を代表しレー・タン・フォンから全校生徒、教職員に対し「このような機会を頂き有難うございます!」と謝辞が述べられました。

 今日は天気も良かったので、紅いベトナム国旗がとても美しく風になびいておりました。今週の木曜日にはブラジル国旗の掲揚を予定しております。


教育, 日記に戻る
このページの先頭へ