2年1組 能登空港無線設備見学

2017年11月06日

    本日、航空工学コース2年1組の生徒たちは、「航空装備実習」の時間に能登空港を訪れ、教科担当の川上先生より空港内に設置された無線設備の説明を受けました。

    生徒たちにとって、普段は教科書を使用し学習する事柄も、実際に目にすることで理解は数段高まることでしょうし、ここ能登空港キャンパスにそのような環境があることは大変に恵まれていると言えるでしょう。 

    航空機の航法に欠かせないVOR/DMEやILSといった施設を実際に目にすることは、将来航空従事者を目指す者には忘れられない体験になることでしょう。

    今後の学習に是非生かしてください‼️


教育, 日記に戻る
このページの先頭へ